メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2010年11月23日

無線従事者とは

「無線従事者」とは、無線設備の*****を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。


さて、*****に当てはまるのは

⇒@操作

  A操作又はその監督

どちらが正解でしょうか。



■無線従事者が必要な理由


無線というのは、なかなか厳しいもので、誰でも自由に使っていいものではありません。


無線機を使用するのにも、複雑な仕組みの申請を行う必要があります。

許可がおりるまでの時間もかかります。


それというのも、無線は空間を飛びまわり目に見えないもののため、

まったく規制を設けずに自由に無線を飛ばすと、深刻な電波障害を引き起こすおそれがあります。


そこで、一定の許可された者に限って無線の運用を許可することにしました。


それが無線従事者の制度です。



■無線従事者の範囲は


無線従事者になるには、一定の資格等、必要な条件があります。


しかし、無線を使う人全員に資格の取得を義務付けるのは現実的ではありません。


そこで、資格を持ったひとを監督の立場において、監督の下でならば、資格を持たない人でも無線が使えるようにしました。


そのため、

「無線従事者」とは、

無線設備の操作又はその監督を行う者であって、総務大臣の免許を受けたものをいう。

が正解です。


よって、答えはAが正しいヾ(=^▽^=)ノ



スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。