メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2010年11月21日

無線電話とは

法規の勉強として、まず手始めに平成22年度第2回目の試験JY22Aの第1問から解説して行きます。

※過去問については、無線協会のHPより入手可能です。


第1問は、用語の内容について、空欄にあてはまるものを選択肢から選ぶというものです。


問題⇒


  1. 「無線電話」とは、電波を利用して、***を送り、または受けるための通信設備をいう。


さて、***に入るのは、

A.「音声」

B.「音声その他の音響」

どちらでしょうか?



ここで、無線電話の“電話”というところに引っ張られると、ついAの「音声」を選んでしまいたくなります。


そうではなくて、「無線電話」と言われたら、無線機のことを想像してください。

   

無線機は、携帯電話やラジオ放送にも使われています。

当然、音声だけということではありません。

ラジオでは音楽も流れますよね。

また、無線機として考えれば、モールス通信などは音声ではなく音響ですよね


このあたりのことが理解出来ていれば、答えはBの「音声その他の音響」であることが分かると思います(^▽^)/


スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170174610

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。