メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年10月15日

音声帯域を有効利用

無線システムにおいて、音声帯域は4`ヘルツほどだと言われています。
しかし、実際に人が発する声というのは、周波数にして、およそ300ヘルツから2000ヘルツ程度です。

音声帯域として用意されているけども、実際は使われていない部分を違う用途で利用する方法があります。

一般には使われていない技術ですが、メーカーによっては独自に開発している場合もあるんですよ^ ^



スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
posted by ゆう at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強記>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。