メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年08月21日

電気通信主任技術者法規 H21第1回ー問3-(3) 「秘密の保持」

問:次の文は、電気通信事業の用に供する電気通信回線設備の「秘密の保持」について述べたものである。
(   )内に当てはまるものを述べよ。


有線テレビジョン放送施設の線路と同一の線路を使用する事業用電気通信回線設備は、電気通信事業者が、有線テレビジョン放送の受信設備を接続する点において、通信の内容が有線テレビジョン放送の受信設備の(   )ように必要な秘匿措置が講じられなければならない。





講師ゆう

答えは、
通常の使用の状態で判読できない
です。


通信機器は、秘密の保持が保たれる機能を備えていなければならない。
この義務が通信事業者に課されるわけです。

では、その基準は何かというと、
通常使っていて、通信の秘密が漏れなければいいという程度のもの。

通信の秘密を完全に保護せよと言っているわけではない。
それほど高い基準では無いですね^^
タグ:秘密の保持

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125857143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。