メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年08月15日

電気通信主任法規H21−問3−(1)

講師ゆう

Q:事業用電気通信設備に規定する用語について述べた文章のうち、誤りはどれか?


このような設問です。

このように、定義の正誤を聞いてくる設問は、毎年必ず出てきます。

定義というのは、しっかりと覚えておかなければなりません。
しかし、長ったらしい定義を丸暗記するのは困難です。
なにより、受験生は法規以外にもたくさん勉強する必要があるため、法規にかけることの出来る時間は限られています。

そこで、[勉強記]のオススメは、
定義は
ポイントだけを押さえる
・正解探しでは無く、間違い探しをする
です。


例えば、
インターネットプロトコル電話用設備」とは、
事業用電気通信回線設備のうち、端末設備等をインターネットプロトコルを使用してパケット交換網
に接続するものであつて、音声伝送役務の提供の用に供するものをいう。 



こんな文章が出てきたときに、最初から最後まで、逐一言葉を追いかけていては大変です。

ポイントだけを押さえるとは、この定義を

インターネットプロトコル電話用設備」とは、
事業用電気通信回線設備のうち、端末設備等をインターネットプロトコルを使用してパケット交換網
に接続するものであつて、音声伝送役務の提供の用に供するものをいう。

と読み、太字で色を変えている部分だけを覚えておきます。
あとは、読み飛ばして結構。
覚えておく必要はありません。
実際に出た問題として、
問題:
インターネットプロトコル電話用設備」とは、
事業用電気通信回線設備のうち、端末設備等をインターネットプロトコルを使用してデジタル交換網
に接続するものであつて、音声伝送役務の提供の用に供するものをいう。

と出題されました。

先ほどの太字のところだけ押さえておけば、
005笑い.gif
デジタル交換網が誤りだと分かります。


その間違いを見つけることが出来れば、
他の選択肢は関係ありません。

正解を探すのではなく、間違いが分かる。
違いがわかる男になれば、合格間違いなしです。



スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。