メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年08月12日

電気通信主任H21-問2-(4)

講師ゆう

セキュリティの面からも問題になっている不正アクセス行為。

その取扱に関する問題も、頻出論点となっています。

不正アクセス行為の禁止に関する「識別符号」について述べた次の記述の正誤を答えてください。


A:当該アクセス管理者によってその内容をみだりに第三者に知らせてはならないものとされている符号

B:当該利用権者等の身体の全部若しくは一部の影像又は音声を用いて当該アクセス管理者
が定める方法により作成される符号

C:当該利用権者等の署名を用いて当該当該利用権者等の署名を用いて当該アクセス管理者
が定める方法により作成される符号


答えは、
全て正しいです。
 

不正アクセス行為の禁止等に関する法律

(定義)
第二条
 この法律において「アクセス管理者」とは、電気通信回線に接続している電子計算機(以下「特定電子計算機」という。)の利用(当該電気通信回線を通じて行うものに限る。以下「特定利用」という。)につき当該特定電子計算機の動作を管理する者をいう。
2 この法律において「識別符号」とは、特定電子計算機の特定利用をすることについて当該特定利用に係るアクセス管理者の許諾を得た者(以下「利用権者」という。)及び当該アクセス管理者(以下この項において「利用権者等」という。)に、当該アクセス管理者において当該利用権者等を他の利用権者等と区別して識別することができるように付される符号であって、次のいずれかに該当するもの又は次のいずれかに該当する符号とその他の符号を組み合わせたものをいう。  
一 当該アクセス管理者によってその内容をみだりに第三者に知らせてはならないものとされている符号  
二 当該利用権者等の身体の全部若しくは一部の影像又は音声を用いて当該アクセス管理者が定める方法により作成される符号  
三 当該利用権者等の署名を用いて当該アクセス管理者が定める方法により作成される符号

3 この法律において「アクセス制御機能」とは、特定電子計算機の特定利用を自動的に制御するために当該特定利用に係るアクセス管理者によって当該特定電子計算機又は当該特定電子計算機に電気通信回線を介して接続された他の特定電子計算機に付加されている機能であって、当該特定利用をしようとする者により当該機能を有する特定電子計算機に入力された符号が当該特定利用に係る識別符号(識別符号を用いて当該アクセス管理者の定める方法により作成される符号と当該識別符号の一部を組み合わせた符号を含む。次条第二項第一号及び第二号において同じ。)であることを確認して、当該特定利用の制限の全部又は一部を解除するものをいう。


何事も定義は大切ですから、これを機会に定義を押さえておきましょう。


スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。