メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年07月20日

平成21年度 第1回 法規 問1−(1)


講師ゆう
通信主任(法規)の過去問講義を始めたいと思います。

一陸特講義に続いて、第二弾です。

d_daruma_02.gifてやんでぃ。オイラも参戦するぜい。

講師ゆう一陸特につづいて、ダルマ君も参加しますね。

nrobo1.gifワタシも失礼いたします。
講師ゆうロボ君も参加。

space2俺も時々でてくるのさ。
講師ゆう神出鬼没のET君ですね。
では、講義を始めます。

なお、このブログでは、過去問の公開が目当てではなく、あくまでも正答を導く上の指針を考えるものです。
そのため、問題部分は省略・編集をしています。
正式な問題が見たい方は、試験センターで過去問を公開しているので、そちらでどうぞ。


問題:電気通信事業法に規定する事項について述べた次の文章のうち、正しいものはどれか。

@電気通信事業を営もうとするものは、総務大臣の許可を受けなければならない。

A基礎的電気通信役務を提供する電気通信事業者は、正当な理由がなければ、その業務区域における基礎的電機通信役務の提供を拒んではならない。

B電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。
ただし、その職を退いた後においては、この限りでない。

C電気通信設備とは、電気通信を行うための機械、器具、線路をいい、その他の電気的設備は含まない。

D電気通信事業者は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは食糧の供給の確保又は秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信を優先的に取り扱わなければならない。
講師ゆうさあ、第一問ですが、ここでストップ!

まずこの問題を読んで気づくことが何かありますか?

d_daruma_02.gif何を言ってるんだ。まだ肝心の問題に入って無いじゃねぇか。

講師ゆう実は、この段階で注意するポイントがあるんです。

nrobo1.gif「電気通信事業法」についての問いということですね。

講師ゆうロボ君、素晴らしい!
そうです。
電気通信主任の本試験の第一問は、必ずこの「電気通信事業法」についての問題から始まるのです。

法規で取り扱う問題は広く、また難しい。
多種多様な問題が聞かれます。

しかし、その中でも、第一問に関しては必ずこの電気通信事業法について問う問題なんです。
このことを意識しているかどうかは、本試験を迎えるうえでかなりの違いが出てきます。

本試験の緊張した中で、第一問目というのは、試験を解く上での精神状態を大きく左右します。

その第一問が予想通りの問題であれば、心が落ち着きます。

この電気通信事業法。
過去問をしっかり勉強すれば、取れる問題がほとんどです。

ですから、この第一問はしっかり吟味して押さえていきましょう。

d_daruma_02.gifふ〜ん。そういうものかねぇ。
どうでもいいけど、一人で喋りすぎだぜ。
なんでもいいから早く問題に入ろうぜ。
てやんでぃ。


@電気通信事業法を営もうとするものは、総務大臣の許可を受けなければならない。

講師ゆうさあ、この選択肢はどうですか?

d_daruma_02.gif正しいんでねぇの?
総務大臣の許可はいるだろうぜ。

space2間違いさ…
(風のように飛び去る)

講師ゆうはい。これは間違いです。
この問題はよく出ます。
頻出のひっかけです。

間違いのポイントはここ。
@電気通信事業法を営もうとするものは、総務大臣の許可を受けなければならない。

この許可というのが間違い。

正しくは、登録です。

電気通信事業は登録事業です。

これは、宅建や行政書士なんかと一緒ですね。
要は、免許事業というのは登録制であることがほとんどです。

運転免許にしても、警察に届出するでしょう。
あれも、言わば登録しているわけです。

そこが分かっていれば、間違えないはずです。

逆にいうと、免許事業なのに許可制というのは考えにくい。

もし許可制だとすれば、極端な話、総務大臣の気分次第で事業が出来たり出来なかったりするわけで^^

免許事業だから、登録制だという流れで理解しておいてください。

次に
A基礎的電気通信役務を提供する電気通信事業者は、正当な理由がなければ、その業務区域における基礎的電機通信役務の提供を拒んではならない。

d_daruma_02.gifそんなわけねぇだろ!
仕事を請けるかどうかは、俺が決めるんでぃ。

講師ゆう残念。
この選択肢は正しいのです。

ダルマ君の言うとおり、普通の仕事なら、サービスを提供するかどうかは完全に自由です。
気に食わなければ、契約を結ぶ必要は無いわけです。

しかし、電気通信事業者は違います。
公益性が強い業務だけに、社会のために義務が生じます。

そこで、正当な理由なき限り、役務の提供を拒んではならないという規定が設けられているわけです。



B電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。
ただし、その職を退いた後においては、この限りでない。


d_daruma_02.gif引退したら、あとは好きにさせてくれよ。
隠居してまでグタグタ言われたくないぜ。

講師ゆうそれはそうですね。
しかし、秘密は守らないといけません。

職を退こうが退くまいが、秘密は秘密です。

このように、ただし書きは要注意です。

ただし書きというのは、読み飛ばしがちですし、読み間違いも多いところ。
勘違いの無いようにしましょう。

C電気通信設備とは、電気通信を行うための機械、器具、線路をいい、その他の電気的設備は含まない。
 
講師ゆう
これは、間違い。
この電気通信設備とは、電気通信を行うための機械、器具、線路をいい、その他の電気的設備は含まない。

ここが間違い。
電気通信設備は、あれこれ含んで設備です。

例えば、関西電力の設備の敷地があったら、
その中の設備一式が、電気通信設備と言えます。

そうでないと、ここは電気通信設備だけど、その中のこのコンセントは電気通信設備ではないとか、ここのアース線は通信に使ってないから設備ではないとか、変てこな事になってしまいます。

そういったイメージで理解しましょう。

誰からも突っ込みが無いので、続いて

D電気通信事業者は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは食糧の供給の確保又は秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信を優先的に取り扱わなければならない。

講師ゆう
これは超頻出の文章。
この文章の内容はしっかりと押さえておきましょう。

どこが抜き出されてもおかしくありません。

D電気通信事業者は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは食糧の供給の確保又は秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信を優先的に取り扱わなければならない。

赤字のところは正しいですよ。
よく問題に出やすい箇所なので赤字にしました。

青字は間違い。

正しくは、電力の供給


通信設備を使用して、食糧が供給できるわけでは無いですからね^^

電気通信事業者は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持のために必要な事項を内容とする通信を優先的に取り扱わなければならない

この文章をしっかりと覚えこむようにしましょう。

過去問を数多くあたっていけば、おのずとこの文章を何度も目にすることになると思います^^

それでは、次の講義で会いましょう。


nrobo1.gif出番、少なかったなぁ…
スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123848460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。