メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年07月08日

IMT−2000

第三世代のIMT−2000は、第二世代において世界的に広く利用されている移動通信システム(GSM/GPRS)をベースに、新たに必要な機能・能力を実現するための拡張を行っている。

ネットワーク要素としては、回線交換機能パケット交換機能があり個々に定義されている。


回線交換機能を実装するMSC/GMSC(モバイル・サービスセンター)

パケット交換機能を実装するPDSN/PDGN(パケット・データ・ナントカカントカ)
などがある。

IMT−2000では、多重化して伝送することにより、ユーザデーターと制御情報の多重化や、マルチコールに伴う複数のユーザーデータのの多重伝送を可能にする。
要するに、
IMT−2000という方式では、

回線交換とパケット交換が出来るために、多重伝送が出来ますよ
ということ。

回線交換は→マルチコールに

パケット交換は→ユーザーデーターに対応していると思えば、憶えられるはず^^
タグ:通信主任

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123092393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。