メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年07月08日

備忘録:遅延検波

遅延検波は、基準搬送波を用いる同期検波より符号誤り率特性が悪い
すなわち、同一信号電力対雑音電力比における符号誤り率が大きい


遅延検波は、基準搬送波を用いる同期検波より符号誤り率特性が良い
すなわち、同一信号電力対雑音電力比における符号誤り率が小さい

→遅延検波のほうが、同期をとる方式よりも、誤りが多くなるのは必然。
タグ:通信主任

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
結局どちらが正しいのでしょうか???
Posted by むせん at 2011年01月19日 15:35
BPSKの復調方式に遅延検波を用いるときに、送信側において、必ず差動符号化を行わなければならないってホントですか?嘘ですか?(一陸技の問題にでたやつです)
Posted by むせん at 2011年01月19日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123044615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。