メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年05月10日

迫る、電気工事士試験

いよいよ、2009年度の電工試験迫る

早いもので、いよいよ2009年度の電気工事士試験が迫ってきました。

この記事を書いている時点で、筆記試験まで一月を切りました。

また、技能試験も筆記免除の方は同じ程度の日数しかありません。

いわゆる直前期というやつです。

受験される皆さんは、勉強の方は進んでいますでしょうか?

今の時期から試験勉強が進んでいられる方は、合格確定だと思います。

自信を持って、そのまま続けてください^^


まだほとんど手がつけられていない人は…

残念ながらまだ手がつけられていない人は…ピンチですね。

実は、かく言う私も同じです。
今回、筆記免除で技能試験を受けるのですが、昨日初めて公表問題を見ました

今年の問題は、従来には無かった新しい器具や回路が出ているようですね。

去年の試験以来、まったく試験対策をしていなかったので、複線図の描き方からして忘れてしまいました。

この状態から、一月足らずで合格レベルまで持っていくのはかなり厳しいと思います。

しかし、挑戦すると決めた以上は、最後まで諦めずに取り組んでいこうと思います。

同じような境遇の方がおられれば、共に戦い抜きましょう。

試験はゲタを履くまでわかりませんから。


イメージを持つために

やはり、技能の一つのポイントは、問題文から、完成までの流れがイメージ出来るかにかかっていると思います。

完成のイメージが沸かないままでは、あれだけの作業を40分で終わらせるのは至難の業でしょう。

理想を言えば、問題文の図を見たときに、完成の形が思い浮かべるようになりだいものです。

そのために一番良いのは、お手本を見て勉強すること。

それも、一流の技術をもつ人の作業を目の当たりにすることだと思います。

学校に通われている方や、身近に電気工事に携わっておられる方は良いのですが、そうでない人にとって独学で技能を攻略するのは大変困難なものだと思われます。

そこで、私は、この本を買いました。


DVD付きなので、模範的なイメージ作りが出来るかと思っています。

もともとはyoutubeなどから、作業風景を探してみていたりしましたが、さすがに試験全てを網羅した内容では無いことと、確実性を考えて、定評あるオーム社の書籍にしました。

これから試験までの間、マメにDVDの映像を流して、潜在意識に刷り込むまで繰り返し見ようと思います。

この本と、もう1冊試験対策の本を使って試験日まで頑張ります。

進行具合は、当ブログで記事にしていきますね♪
スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。