メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年04月03日

基礎は、工事担任者でOK


通信主任試験における「基礎」は、工事担任者の免許を持っていれば免除になります。

もともと、この科目自体それほど難しいわけではありませんが、免除が使えるならば使った方が良いと思います。

工事担任者の試験は、通信主任の弟分のような試験(共に、同じ試験センターです)なので、ご存知なかった方は、こちらの資格の受験もオススメします。

むしろ、今から0から通信主任を目指される方は、工事担任者の試験をまず受けて、そこからステップアップされるのが良いと思います。

急がば回れでは無いですが、その方が、かえって最終合格に近いルートのような気がします。
スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
【通信>【電気通信主任技術者】電気通信システムの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116430908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。