メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年03月29日

無窓階とは

無窓階の説明として、次のうち正しいものはどれか。


特定防火設備である防火戸で区画された階

排煙上有効な開口部が一定の基準に達しない階

廊下に面する部分に有効な開口部がない階

避難上又は消火活動上有効な開口部が一定の基準に達しない階















さて、答えは分かりましたでしょうか?

答えは、
避難上又は消火活動上有効な開口部が一定の基準に達しない階

です。

無窓階と言われると、
窓が無い階ということで、
・廊下に面する部分に有効な開口部がない
が正しいと思われるかも知れません


しかし、そうではなく、無窓階とは、
建築物の地上階のうち、「避難上又は消火活動上有効な開口部が一定の基準に達しない階」
になります。

これは、よく出る問題なので、しっかりと覚えておきましょう。

知らずに国語の力だけで解こうとすると、間違えてしまう問題なので、確実に抑えておきましょう。
スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
posted by ゆう at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消防設備士>4類試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116388199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。