メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年03月28日

積極的に資格を受けよう


訓練期間中は、積極的に試験を受けましょう

職業訓練校に通われているかた、いろいろな科に通われていることでしょう。

どのような科に通われている方も、訓練校在校中に、資格を受ける機会に恵まれることでしょう。

中には、自分の興味の無い資格もあるかも知れません。

しかし、ここは是非積極的に試験を受けましょう。


資格は、評価される

資格は、あくまでも資格に過ぎないとよく言われます。

資格を持っているということと、仕事が出来るということは違うとも言われます。

机上の勉強で資格を取った人間よりも、現場の叩き上げの人の方が、はるかに頼りになるのは、当然なことだと思います。

しかし、だから資格が評価されないかと言うと、そんなことはありません。

むしろ、資格は意外なところで評価されます。


電気工事士を取って、法律事務所に採用

私の職業訓練校の同窓生に、法律事務所に就職を決めた女性がいました。

彼女は、電気系の職業訓練校に来たものの、どうしても電気に馴染めず、かねてから興味のあった法律事務所への就職を目指しました。

しかし、法律事務所への就職は大変厳しいものです。

法律資格を持っていればまだしも、彼女は法律系の資格にチャレンジしたものの、不合格になり、資格を持っていませんでした。

持っている資格と言えば、職業訓練校で取った、第二種電気工事士の資格のみ。

法律事務所というのは、雇用条件がしっかりしているところが多いですし、人気職種なので、未経験で転職するのは至難の業です。

また、事務職は派遣が多く、正社員採用はあまりありません。

ところが、その子は、無事希望の職をゲットすることが出来ました。
しかも、正社員です。


入社後、採用担当の方に、なぜ自分を採ったのかと聞いたところ、「電気工事士を持っている女の子は珍しいから」と言われたそうです。

仮に、今の自分の希望の職種と直結していなくても、資格はとっておいて損はありません。

資格を持っていることで興味を持ってもらえることもありますから。

そして、就職においては、何よりもまず、相手の方に興味を持ってもらうことが大切だと思います。

資格は、積極的に取りましょう。

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116368017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。