メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年03月27日

休まないように、気をつけましょう


半日休暇はほどほどに

職業訓練校に入って、最初に驚くのが、失業給付の支給条件です。

これは、都道府県によって若干違うのかも知れませんが、私の入ったところでは、一日のうち半分でれば、日当分の失業給付が支給されるシステムになっておりました。

例えば、一日の授業数が8時間ならば、そのうち半分の4時間出れば、そのあと早退してもちゃんと失業給付が出るという条件でした。
(本来、そこに500円別に通所手当てが支給されるのですが、これは1時間でも欠席すると支給されません)

このシステムは、通う側からすれば大変ありがたい条件です。

例えば、午前中だけ授業に出て、午後からは私用で帰っても、失業給付は支給されるからです。

これが原因で、問題も多いようですが…


雇用保険詐欺??

この、半日出れば給付されるというシステムを悪用して、職業訓練校に通う輩もいたようです。

雇用保険が欲しいがためだけに、職業訓練校に入校し、半日だけ学校に来て、あとはサボり、パチンコなどをしている雇用保険詐欺まがいの人も中にはいるとのこと。

ちなみに、私が通っている学校では、そのような人はいませんでした。
先生も、最初の面接で、そのような気がありそうな人は採らないことにしているようでした。

しかし、全国的には、システムを悪用している人もいるとのこと。


最後にツケは回ってきます

そのように、システムを悪用し、ほくそえんでいる人には、最後につけが回ってくるようです。

なぜなら、職業訓練校の修了後は、5年間、出席状況などの記録が残されるからです。

今、この雇用保険のシステムを悪用した事例が多いということで、労働省が調査に乗り出しているようです。

そして、悪用していると判断されると、雇用保険詐欺ということで、雇用保険の給付額の3倍返しが待っています。

余計な嫌疑を持たれないためにも、清廉潔白な訓練生活を送りましょう。


就職先にも

修了してから5年間は、出席状況が記録・保管されています。

この記録というのは、都道府県知事に情報開示請求をすると、取り寄せることができます。

会社によっては、訓練生の出席状況を確認し、内容が悪ければ内定取り消しの対象になったりするようです。

実際そのような事例も起きているようなので、いつ知られてもいいように、出席はちゃんとするように心がけましょう。


スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。