メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年03月14日

不合格体験記

無線塔

こんにちは、管理人のゆうです。

今回は、私の不合格体験記を書きたいと思います。

不合格体験記

私は去年の夏に、初めて無線の勉強を始め、いきなり第3級アマチュア無線技士試験に飛び込み受験し、一発合格。

将来は、無線系で就職をしたかったので、一年間で、3アマ、一陸特、一陸技、1アマを取ろうと思いました。

3アマ、一陸特は合格。
一陸技は、科目合格しましたが、
1アマは、落ちてしまいました。

合格した試験と、不合格だった試験とを比較して、なぜ失敗したかを考えていきたいと思います。


不合格の理由は

 合格した時と、不合格だったものとを比べたときに、明らかな差がある点があります。

 それは、圧倒的な問題演習量の差です。

 不合格の理由は、決して試験のレベルが難しかったわけでも、体調を崩していたわけでもありません。
 問題演習の量が少なすぎたせいです。


 合格した試験では、問題演習を繰り返し、過去問集を5〜6巡して試験に臨んでいました。

 一方、不合格だった1アマは、問題集を1巡しきらないまま、試験を受けに行きました。
 結果、本試験では過去問そのままだったにも関わらず、落ちてしまいました。


演習不足になったのは

 モチベーションが保てなかったことが大きかったと思います。

 理由は、1アマ特有の、モールス信号の受信でした。

 モールス信号の受信が大変苦手で、またあまり好きでなかったこともあり、あと回しにしてしまいました。

 しかし、モールスが出来ないと、合格はありえません。

 筆記の勉強をしながらも、心の片隅で、モールスをさぼっていることが気にかかって集中出来ていませんでした。

 やはり、苦手だからということで逃げてしまったことが、結果、全体の演習不足につながったと思います。

リベンジに向けて

 1アマは、いずれ取りたい資格なので、リベンジするつもりです。

 4月から就職するので、次に試験が受けられるのはいつになるか分かりませんが、受験が決まったら、皆さんに報告して、受験の過程をブログにして行きたいと思います。

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
posted by ゆう at 21:37 | Comment(0) | 無線>アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。