メニューから、各資格リンク先へ行けます。合格!で決定。



2009年03月13日

第2回講義〜一陸特を取る意味〜

講師ゆうさて、それでは、第2回目講義を始めます。
では、問題。
5択問題ですよ。


Q.マイクロ波を通信に利用した場合の利点で、誤っているものはどれか。


A.1.周波数が極めて高いので、広帯域伝送が可能となり、通話路数の多い多重通信が容易にできる。

    2.周波数が高くなるほど小型の空中線でも利得を十分大きくすることができるので、通信機出力は、通信距離の割りには小さいものですむ。

    3.空中線の指向性を十分鋭いものにできるので、他回線との混信を生じることなく、同一の周波数を繰り返して使用できる。
   
    4.電離層散乱伝搬により、見通し外遠距離通信が可能となる。

    5.自然雑音及び人工雑音の影響が少なく、S/Nの良い通信ができる。
答えは、… a_blt017.gif 一番下にあります。 


nrobo6.gif本当に、いきなり問題ですね。
まず、問題文の意味が分からないんですけど…

マイクロ波ってなんですか?

 
講師ゆういい質問だね。
この講義では、過去問を解きながら、一陸特の講義をしていきます。
では、ご質問のあった、「マイクロ波」とは何か。


マイクロ波とは

講師ゆうマイクロ波とは、電波の周波数分類で、300メガヘルツ以上のものを指します。
ここの、「マイクロ」とは、最も狭いという意味で、波長がすごく狭いことから来ています。
そして、一陸特では、このマイクロ波に限定して扱える免許だということです。

d_daruma_06.gif
よくわからねぇなぁ。
まず、ヘルツってなんでぃ



ヘルツとは

講師ゆうはい、ヘルツ(Hzと書きます)っていうのは、一秒間に電波の波が何回揺れたかということです。
たとえば、1ヘルツだと、一秒間に1回、電波の波が発生したことになります。
もし、1000ヘルツなら、一秒間に1000回、電磁波が波を打っているということです。
       この波の起伏に合わせて、通信とかの信号を乗せています。
       つまり、ヘルツが高いほど、短い時間で密度の濃い通信が実現できるということになります。
       名前の由来は、ドイツの物理学者ハインリヒ・ヘルツから来ています。

nrobo6.gifでは、300メガヘルツというのは、一秒間に…
まず、メガは、、1メガで100万という意味なので、…
300×100万で、3億回ということですか!!


講師ゆう
さすが、ロボ君、計算が早い!!
素晴らしいですね。
つまりマイクロ波とは、一秒間に3億回以上の振動を持つ電気の波のことになります。
普通は、メガ・ギガ・テラなどで表示します。
       だから、300メガヘルツですね。

d_daruma_06.gif要は、すごい電磁波ってことだろう。
それで、一陸特を取って、そのマイクロ波ってやつを扱ったら、何か良いことあるのかい。
面倒くさいことはイヤだぜ。

マイクロ波〜一陸特の魅力〜

講師ゆうはい、良いことに気付いてくれました。
今、一陸特の資格が、すごく脚光を浴びているのです。
現在、我々を取り囲む物に、どんどん無線が増えて来ています。
携帯電話がその良い例です。

       有線から無線へ、無線の重要性は日に日に高まっていっています。
       そして、携帯などの密度の高い通信に適しているのが、マイクロ波。
       つまり、一陸特の資格で扱える電波なんです。

d_daruma_06.gifてことは、それを取ったら仕事があるってことかい?
不景気だから、何とかしたいぜ。


講師ゆうもちろん、資格を取ったからといって確実に仕事に付けるわけではありませんが、取ると有利です。
無線のインフラ整備は、これからまだまだ増えていく仕事ですし、その割には取得者が少ない。

nrobo6.gifそれだけ、試験が難しいってことですか。
名前に一級って付いてますし…

講師ゆうそれが、そんなに難しくないんです!
やり方さえ間違えなければ、私のように1ヶ月程度の勉強でも合格可能です。
まあ、慌てなくても残り4ヶ月で計画立ててやれば、十分合格圏内です。


スペース君 ダンスそれは、良かった。
そんで、何からしたらいいんだい。


講師ゆうもう一度、問題に戻って、問題を解きましょう。
とにかく最初は暗記で入ります。
一巡目は、さっぱり意味が分からないと思いますが、ガマンです。
要は、ポイントだけを抑えて、どんどん先に進みます。
     
       すると不思議なことに、二巡目・三巡目には自然と理解が出来るようになってきますから。
       人間の頭の構造から言っても、このやり方は的を得ています。

       とにかくまずは、詰め込みます。
       そして資格をゲットする。
       本当の勉強は、資格を取ってから10年かけて勉強してください。

問題演習は…

講師ゆう といったところで、記事がだいぶ長くなってしまいましたね。
問題演習は、次の講義で入っていきたいと思います。
やる気のある人は、この記事の冒頭に挙げた問題に取り組んでみてください。


nrobo6.gifよし、やってみるか)


答え…4
タグ:無線 資格 一級

スポンサーリンク

あなたに合格が訪れますように講師ゆうbr_decobanner_20091018180502.gif
いつも応援ありがとうございますありがとうニコッ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。